温泉地での団体旅行・グループ旅行

コンパニオン派遣を活用する場合というのは宴会などが多いのですが、
場所というのは高級料亭・ホテルなどがありますが、これらは全国になりますよね。
宴会を行うというときは温泉地など泊りがけで行った時にも活用する場合もあります。

温泉地などで宴会を行う場合に依頼するコンパニオンは、
温泉コンパニオンということもありますが、忘年会・慰安旅行など、
旅行を主催をしている人たちが言っている一種の接待サービスでもあります。

旅行を主催をしているという場合は団体旅行・グループ旅行など、
ある程度人数がいる場合が多いですよね。

団体旅行・グループ旅行などでは宴会というのはつきものかと思うのですが、
宴会場(ホテル内・旅館など)などで接待をするというのが主な仕事でもある温泉コンパニオンになります。

温泉地に旅行をするという場合は複数で行くことがほとんどだったかと思います。
宴会コンパニオン・温泉コンパニオンは複数のお客様に対してということが多いのですが、
最近では一人旅をする人も増えてきているようですが、
こういったおひとりさまに対しても個室まで訪問してくれて、
1対1で接待するというサービスも増えてきているようです。

温泉地での宴会コンパニオンの服装はスーツ・浴衣などが多いのですが、
ピンク系ではないので、服を脱いだりするということはなく、
おさわりも禁止になっているのでお酒が入った勢いでということは避けるようにしましょう。

また、温泉に行くときに宿泊・コンパニオンなどの手配など別々にするのは大変ですよね。
最初からコンパニオン・飲み放題・宿泊がセットになっているセットプランがある場合もあります。

また、コンパニオン派遣会社はいくつかありますが、温泉地での接客や、場を盛り上げるための宴会コンパニオンに力を入れている派遣会社もありますので、この様な会社に依頼するのもいいと思います。

■東京・横浜の宴会コンパニオン派遣会社
more more(モアモア)

もし、コンパニオン派遣を活用する場合にこのようなセットプランがあるかどうかを確認をして、ある場合には活用すると便利かもしれません。

申し込みをする場所・温泉地によって料金というのは変わってくるかと思いますが、
徒歩圏外の場合にタクシー代などを利用する場合にはその交通費が必要になります。

コンパニオンを1名で2時間で12000円、3時間で17000円、4時間で22000万円くらいになり、
もし、延長する場合には1人30分で3000円くらいになります。