展示会・イベントスタッフ

コンパニオンの派遣という仕事はいろいろとありますが、
その中でイベントコンパニオンというのもあります。
イベントコンパニオンというのは和製英語になり、英語圏の場合にはプロモーションモデルと言われていて、コンパニオンとは区別されています。

イベントコンパニオンの仕事は一般的に知られているは
1970年に開かれた大阪万博と言われています。
この当時は語学力・接客力というのが求められていたこともあり、
大学・短大卒の人が多かったようです。

そして、1980年になるとイベントがいろいろなところで開催されるようになってきたので、
大衆化してきたということもあり女子大生には人気になっていました。

イベントコンパニオンは展示会・イベントスタッフとして、
イベント・展示会があるときに制服を着て展示品の横にいます。
そして、展示されている商品について説明をすることもあります。

イベントコンパニオンのイメージというのは華やかな仕事と思うかもしれませんが、
実際には立っていることが多く、長時間の起立を強いられるということもあり、
体力が必要にもなり、思っている以上に厳しい過酷ということもあるようです。

展示品の説明の司会進行などナレーションをしている人もいますが、
この場合はナレーターコンパニオンになり、区別されています。

イベントコンパニオンの仕事は大きく分けると4つになり、
モデル系・展示会場・キャンペーンガール・受け付けスタッフになります。

モデル系になると基本的にはモーターショー・オートレースなどレース場で、
イベントのコンパニオンになり、オーディションがあります。
車関係のコンパニオンはオーディションに合格しなくてはなりません。

幕張メッセ・東京ビッグサイト・パシフィコ横浜などで行われている展示会場では、
ブースがある企業によってブースが小さいということもありますが、
商品などが展示されていて、企業のイメージに合った制服を着て、
受付・パンフレットの配布などを行います。

展示会などでは大手の企業になると受付があることもありますが、
この場合には開催する前に内部の研修会の受付という場合、
ホテルのパーティなどの受付ということもあります。